受講者の声 2021年

〇合格者の声

大阪大学 基礎工学部情報科学科合格 京都府立桃山高校 塾歴6年 

僕が予備校にも通わず、週に1~2回の英語の授業だけで第一志望に合格したのは、それほど英語で得たアドバンテージが大きかったということです。

中学に入った頃からこの塾に通い始め、最初は発音ですらまともに出来ない状態で少し不安もありました。ですが、熱心な指導のおかげで1~2年経つ頃には絶対的な得意教科になっていました。そして英検にも挑戦し、高校2年時の冬に準一級まで取得できました。受験においても、英語が得点源であることは強力な武器になりました。

BBAでは普通の進学塾や予備校がやるような受験英語だけでなく、その根底にあるスピーキングやリスニングのスキルを磨き、受験の先を見据えた「英語力」を身につけることができます。
その力は決してすぐに身につくものではなく、また、正しく身につけることがとても重要です。

それを可能にしてくれるのがBBAでの授業で、特に暗唱に取り組むことで得たものは大きいなと実感しています。
BBAで学んできた6年間は、自分にとってとても価値のある時間でした。ここまで頑張ってきて本当に良かったなと思っています。ありがとうございました。

 

京都府立医大医学部医学科 洛南高等学校 塾歴6年 

中学受験が終わったのを機に、BBAに入塾した。それまで英語に触れたことはほとんどなく、次々に出てくる新しい英語表現を声に出して学ぶという授業に、最初は戸惑いもあった。

しかし、毎日家でも同じように英語を声に出して授業の復習をするうちに自然と英語が身についていった。そして、テキスト数ページにまたがる長文を習うようになる頃には、私は英語が好きになっていた。

文法を一通り習った後にはTOEFL iBTやさまざまな大学の問題を解いた。特にTOEFLの長文は内容も出てくる単語も難しく、はじめは読むのに時間がかかり苦労した。なんとか数をこなしていくうちに徐々につまることなく読めるようになり、一通りTOEFLの長文を読み終えたときには気が付けばほとんどの大学入試の長文はスラスラと読めるようになっていた。

長かった受験勉強において英語は常に私の1番の得意科目であり、1番の好きな科目であった。英語で確実に得点できるという自信があったからこそ、他の教科も落ち着いて勉強することができた。大学受験は終わったがこれからも英語とは長い付き合いになりそうだ。

私の1番の教科として、これからも英語を楽しんでいきたいと思う。

 

大阪大学 人間学部 洛北高校 BBA歴6年 

私は中1から六年間、BBAにお世話になりました。文法や単語といった基礎知識の学習に加えてプレーヤーを用いた学習によってリスニング能力がかなり向上したと思います。

英検を受験する際も二次試験対策まで面倒を見て頂きました。そして大学受験の勉強の際には授業の中で長文読解、英文和訳の演習を行い、直前期には和文英訳と、自由英作文の添削をして頂いたのでセンター試験も二次試験も英語に関しては比較的安心して受けることができました。

また、BBAは少人数授業だったため、先生との距離も近く、一緒に授業を受けた友達と楽しんで英語を学習することができました。読む、書く、聞く、話す、という英語学習における重要な4スキルを伸ばすことができ、学校での英語の成績、英検、そして大学合格に役立ちました。

これからもBBAで得た力を活かして精進していきたいと思います。

最後になりましたが、六年間ありがとうございました。

 

京都大学 農学部 地域環境学科 桃山高校 BBA歴3年 

私は高校に入学した4月からBBAに入塾し、英語の勉強を始めました。

元々英語が苦手で足を引っ張っていたのですが、手厚いフォローのお陰で2年生に上がる頃には得意教科と言えるようになりました。

しかし、大学受験を視野に入れての勉強を本格的に始めたとき、中学生のうちに入塾しなかったことを後悔しました。なぜなら、大学受験で使うのは英語を読む力と聞く力がほとんどなのですが、私はその習熟度が低く、慣れるまでにとても時間がかかったからです。

結果的に、無事大学に合格することができましたが、それは今年度大きく傾向の変わった自由英作文をBBAで何度も練習していたことが大きいと思っています。

 

〇英語を一年勉強して思ったこと 第6向陽小学校  小6  塾歴1年

私は、六年生の時から英語を始めて約一年になります。
入ったばかりのときは、学校でしか英語をやったことがなかったのでとても不安でした。

でも、先生がていねいに発音の仕方やイントネーションなどを教えてくれて、みるみる上達していくのが自分でもわかりました。

今では、聞いた文章を書きとることができます。そして、その文を発音することができるようになりました。だから、学校の英語の時間も楽しくなり、中学校への不安もなくなりました。

 

〇英語の勉強の仕方で思うこと洛南高等学校 高1 塾歴3年

私が英語を勉強する中で痛感したのは、言葉は人から人へと受け継がれるものだということだ。
なんの言葉も話せない赤ん坊が、まわりの人間の発する特定の音と特定の概念との結びつきを知らないうちに見出し、自らことばを操るようになる。

つまり、ことばは人々の間に初めから存在しているのであって、単語の意味や文法は本来その膨大な量のサンプルの中から自ら抽出すべきものなのではないだろうか。

これを逆にして、単語や文法を先に覚えようとするのは不自然であるし、実際、自分はやりにくい。もちろん、日本に暮らしている以上、ことばのサンプルは量、質ともに絶対的に不足している。これを補うために単語や文法を勉強することは重大だと思っている。

しかし、その際、できる限り生きた「例文」に触れることを意識するべきだろう。そしてまた、英語は「読む」前に「聞く」ことが大切だと思う。文字より先に音があるからだ。音を伴わない文字はただの記号になってしまう。

BBAでは、暗唱の課題が多く、初めの頃は苦痛に感じていた。だが次第に、暗唱は自然な文章を取り込み音にして出す、理にかなった勉強法だということに気づいた。授業中に英語を聞き、口に出す機会が多いことも効果的だと感じる。英語を身に付けるのに、適した塾だと思う。

 

長岡中学校 中1 塾歴1年

私は以前、英文を読んだり書いたりすることを繰り返して勉強をしていました。

でも、BBAに入ってからは、読み書きだけでなく、英文を聞いて理解することや、表現したいことをすぐに声に出して話す練習をするようになり、このことが大切だと思いました。

具体的にできるようになったことはディクテーションで、以前は、何度も英文を聞かないと書きとれなかったけど、今では一度、英文を聞いただけでも全文を書きとれるようになってきました。

また、宿題として「暗唱」があるので、どの場面でどんな表現が使えるのかが少しずつ分かるようになってきました。将来、英語を使ってコミュニケーションを取る時には、英語で表現する力が重要になってくると思うので、英作文ももっとがんばっていきたいと思います。

 

嵯峨野高校 高1 塾歴4年

私は中学1年生からBBAへ通い始めました。小学校の頃は授業で触れる程度で特別なことはしていませんでした。

BBAの暗唱の課題は毎授業ごとにあり、長文は難しくて大変だと思うこともありますが、登下校時の電車の中などで時間をみつけてやっています。学校の英単語の勉強も電車の中でしています。

私は英語を声に出して勉強するのはとても大事だと思います。なぜなら、発音の練習になるのはもちろんですが、暗唱は声に出したほうが早く正確に覚えられ、長文も声を出しながら読むと内容が頭に入ってくるからです。また、英単語のつづりも発音である程度覚えることができます。

BBAの授業や課題では、英語を聞いたり声に出したりする機会が多いです。
英語は私の得意教科になっており、昨年の高校入試の時も英語で周囲と大きく差がつきました。

発音はまだまだむつかしいと感じますが、BBAを通して長文をたくさん読んでいることもあり、模試などの長文はすらすらと解けるようになってきており、自分の英語の能力が伸びていることを実感しています。

過去掲載していた受講者の声

Copyright(C) BBA.la All Rights Reserved.